メインイメージ

包丁研ぎを依頼

包丁研ぎを依頼するなら

包丁の切れ味が悪くなってきたと感じている方もいるのではないでしょうか。切れ味が悪いと、すぐ切れなくて時間がかかるだけでなく、肉や魚などは切り口がぐちゃぐちゃになってしまったりして味が悪くなってしまうことに繋がります。また、切れ味の悪いと変に力が入るため勢いがついてしまってケガをしてしまったりもするのです。

よく切れないのにケガをするなんて不思議な話ですが、よく切れる状態であれば力加減をコントロールしやすいのです。切れ味の悪い方がコントロールは難しくなるので思いもよらない方向へ動いてしまったりするのです。切れ味が悪くなったらもう買い替え時、というわけではありません。包丁は研ぐことで切れ味が復活するのです。

家庭で使っているような万能包丁であれば、ホームセンターなどで売られているようなリーズナブルな万能包丁用の包丁研ぎを使っても問題ないでしょう。簡単に切れ味が復活しますので家に一つ持っておくと大変便利です。

かなり高価な包丁を使っている方はお手入れにもそれなりに手をかけた方が良い場合もあります。また、プロ仕様の包丁などもそれなりの手入れが必要です。
特にプロの料理人のように料理の味が商売の結果に直結しているような方にとって、包丁の質というのは大変重要なものになってきます。切れ味の悪いものを使っているだけで味が落ちてしまうということにもなってしまいます。特に刺身包丁はその違いが顕著に現れやすいです。

切れ味が悪いとき、刃には細かい凹凸が生じています。その凹凸が魚の切り口に出てしまいます。刺身の味は繊細で切り方の善し悪しでまったく味が違ってしまうのです。切れ味の違いが味の違いに繋がりますので、研ぎ方もきちんと研げなけれななりません。自分で研ぐ方もいますが、自信があればそれでも構わないでしょう。

しかし、研ぐのにはあまり自信がないという方は是非プロに依頼してみてはいかがでしょうか。包丁を研ぐ専門の業者があります。
自分のものは自分で手入れしなければならないという考えの方もいるでしょう。しかし、結果的に満足いく仕上がりにならないのであれば、業者に依頼した方が良いでしょう。
自分でも同じくらいに研げるようになるまでは専門家にお任せするのです。料理は料理のプロがいるように、研ぎ師はその道のプロです。古くから日本刀などの刃物はその道の専門家がおり、名士と呼ばれる人たちもいます。それだけ奥が深いことなのです。

Copyright© 2014 堺の有名な包丁を知って台所で楽しくなりませんか All Rights Reserved.