メインイメージ

サビの対処方法について

包丁販売には免許が必要なの?

包丁販売は特に免許が必要なことはありませんが、銃砲刀剣類登録という登録をすることは可能です。しかし包丁という調理するのに必要な道具ということであれば、登録する必要はありません。
銃刀法というのは日本刀、刀のようなものを刺しているので、なぎなたを含めて本来武器として使うであろう刀を登録するものです。
ですからナイフであっても調理用の果物ナイフを販売するからといって登録する必要はないのです。マグロ包丁の中には刃渡りが50センチ以上のものもあり、見るからに日本刀のようなものもあります。
これが日本刀であった場合には、許可が必要ですが調理用のマグロ包丁であるということになると刃渡りが50センチあろうとも、届出や免許が必要にはなりません。

料理に使うということであれば、購入し所有すること銃刀法違反にはなりません。それ以外の目的で使用する、使用が明確ではないのに刀を持っているということになれば、違反になります。
どこかに調理をしにいくわけでもないのに包丁をかばんの中に忍ばせていれば、それだけで警察に逮捕されますし、殺人をする人に向けて発信しているようなサイトで殺人目的で包丁を販売するとなればこれは大問題ですので、販売することができませんが、調理をする包丁を取り扱う家庭調理器具のお店をしているという場合であれば特に届出などは必要ありませんし、免許を持っていなくても販売することは可能です。

通販サイトや実際の専門店などのホームページを見てみても、特に登録をしている、届けを出しているといった記載はないかと思いますが、それは登録をしなくてもいいからです。
取り扱いに特に規制が設けられていないことから届けでなどが一切ないのです。そのことを考慮した上でもしもこれから取り扱う場合には、不安な人は警察などに問い合わせをすればいいでしょう。しかし不要という回答が返ってくることが多いと思いますのでその点はあらかじめ理解しておいたほうが無難です。

先ほども紹介しましたように、刃物は何を目的にするかによって届出や取り扱いに資格が必要になります。これはもちろん銃なども同じです。
刃物の場合は主に調理に使う道具としてどこの家庭にもあるものですので特に規制はされていないのが特徴です。

何を目的にして取り扱うのか、そして何をするための刃物なのか、それをよく理解したうえで取り扱いには十分注意しましょう。間違った取り扱い方をして誤解を招くことがないよう気をつける必要があります。

Copyright© 2014 堺の有名な包丁を知って台所で楽しくなりませんか All Rights Reserved.