メインイメージ

選び方と長さ

包丁の選び方と長さについて

包丁には、沢山の種類があります。特に和包丁は、用途ごとに分かれているので、選び方を迷うところです。
しかし、家庭用で、最初に1本選ぶなら、「三徳包丁」というものが良いでしょう。これは、和包丁の良いところと、「牛刀」などの一つでいろいろな食材に対応できるものの多い、洋包丁の良いところを合わせた、初心者にも使いやすいものです。

この「三徳包丁」は、刃の先のほうは「牛刀」のようにカーブして尖っており、ほかの部分は「菜切庖丁」の様に直線になっています。
刃の幅が広いので、千切りなどをしても、指から離れないので切りやすいサイズになっています。刃渡りは16.5センチくらいで、家庭用に使いやすい大きさです。

また、料理を作るのが好きで、「三徳」だけでは物足りない、もう1本ほしいという場合には、「牛刀」が良いでしょう。これは、元々は、肉や野菜を切るためのものですが、他にも基本的には何でも使えます。プロもよくこの「牛刀」を愛用しています。

「三徳」との違いは主に、先端が尖っていることと、刃渡りが長いことです。
先が尖っていると、肉に切り込みを入れたり、筋切りをするのが、楽です。また、刃渡りが長いと、キャベツ丸ごと一つ、といった大きい食材でも、一気に切ることが出来て便利です。ただ、慣れないと、特により大きいサイズの「牛刀」は、使っていて怖いと思うかもしれません。

「牛刀」の長さは18センチから3センチ刻みで30センチくらいまでサイズがあります。21センチか24センチくらいが一番一般的で使いやすいですが、女性なら、18センチでも小回りが利いて良いでしょう。30センチのものは、一度に大量に調理をする現場で業務用に使われることが多く、家庭用にはあまり向きません。

他にも、細かい作業をしたい場合は、小さい「ペティナイフ」などもおすすめです。それから、魚を本格的にさばきたい場合は、「出刃」も揃えると良いでしょう。
包丁の選び方では、他にも、材質も注意したいところです。主に鋼とステンレスがあり、鋼の方が切れ味は優れていますが、さびやすいので手入れが大変です。一方ステンレスは、さびにくいので砥ぐ頻度も鋼に比べれば少なくて済みます。初心者には、ステンレスが良いでしょう。
また、価格面も気になるところですが、包丁は、一般に1000円くらいから、数十万するものまで幅広くあります。しかし、4000円くらい出せば、切れ味の良い、それなりものもが手に入ります。

Copyright© 2014 堺の有名な包丁を知って台所で楽しくなりませんか All Rights Reserved.